バストアップに効果があるツボが知りたい

39
ふっくらした胸を作るためには女性ホルモンの働きが大事です。
女性ホルモンを増やすにはイソフラボンが多く入っている食べ物や、バストアップサプリなどで体の内側からバストに良い成分を摂ることは良いことです。しかし、胸だけに脂肪を付けるためには食べ物で工夫したいところですが、太っていると乳腺にも脂肪が付くので胸が大きくなり、痩せている人の乳腺にはあまり脂肪が付きません。

胸だけにピンポイントに付けるには、食べ物を工夫すると同時にツボ刺激が効果的です。
女性ホルモンを活性化させるツボを刺激してバストアップを狙ってみましょう。
ツボ押しの時間は、お風呂に入って血流が良くなった時に効果が上がりますよ。

ツボについて紹介します。

ダン中

まず「ダン中」と呼ばれる左右の乳首を結んだ真ん中にある、抑えると少し痛みを感じるところです。
指を当ててゆっくり力を入れて3秒押し、ゆっくり力を抜いて指を離します。
5~10回程度行うと女性ホルモンが活性化して、バストアップだけではなく美肌効果も期待できます。

天渓

少し解りにくいのですが「天渓」と呼ぶ両方の乳首の横ラインの高さにあり、
乳房のふくらみが終わる辺りを脇の側から触ってみると肋骨の間に、
押すと痛みを感じるところが左右の両側にあります。
その場所が「天渓」で親指を使って左右の乳房を持ちあげるように、
内側に向かって両側からゆっくり押していきます。
息をゆっくり水ながら押して、ゆっくり息を吐きながら離しましょう。
毎日押して乳腺を発達させましょう。
乳腺が発達すると胸が大きくなるだけではなく、
将来赤ちゃんが生まれて授乳するときに母乳の出が良くなります。
乳腺が発達すると付く脂肪も増やすことが出来るので、
効果的にバストアップが出来るのです。

まとめ

胸の大きさは乳腺が発達していることが重要で、乳腺の周りにどれくらい脂肪が付いているかで決まります。
乳腺の周りに脂肪が付くと胸のふくらみが増えますが、脂肪を付けると共に乳腺も発達させたいですね。
そこで乳腺を発達させるツボを押すことで胸が発達していくのです。

もっと詳しくバストアップできるツボやツボ押し加減がもっと詳しく知りたい人は
⇒バストアップラの効果的なやり方詳しくはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ