授乳後胸なくなる・小さくならずに授乳中ダイエットするには?

116
授乳中だけどダイエットして痩せたい、だけど胸は今のままキープしたい!と思うのはわがままではないです。
たくさんのママが思っていることです。

でも残念なことに希望が通らずに、ダイエットは上手くいかず・・・・。
胸が垂れてしまった・・・。
ママもいます。
では、どうしたらいいのかについて紹介します。

授乳中の食べることについて

授乳中ダイエットを行うなら食べる量を減らして運動ですよね。
授乳中は母乳をあげているからか、お腹がよくすきます。
なのでついつい食べ過ぎてしまっていませんか?
まずは、食事量を見直して食べる量から減らしてみるのがいいですよ。
食べている物も書き出してみるといいです。
自分は食べてないと思っていてもチョコチョコ食べていたり高カロリーのものばかりを食べていたりしますよ。

食事量を減らす時にタンパク質だけは減らさないようにしましょう。
タンパク質は女性ホルモンを合成させるときに必要なので胸が痩せてしまうからです。
栄養を摂りながら脂肪や甘い物を控える程度でダイエットを行いましょう。

授乳中の運動について

117
運動はダイエットに効果的ですが、走るときは胸を固定して揺れないようにしましょう。
揺れると胸を支える靱帯が伸びたり切れたりして形が悪くなるからです。
運動をしながら栄養をしっかり摂って食べ過ぎないように心がけると、
筋肉の量が増えてきます。

筋肉が増えると胸を支える大胸筋もしっかりしてくるので、バストアップに効果的です。

授乳中胸について

授乳中胸が大きくなっているからと油断している人が多いのですが、授乳中も胸はヨコナガレや脇にお肉がながれてしまっているのです。胸の形も悪くなりやすいのです。

断乳後胸が小さくなっただけでなく、胸の形が悪くなってしまったのは授乳中の時が原因です。
なので授乳中も胸をケアしてあげないといけません。
胸の形を整えるためには授乳中用のブラジャーをつけることです。
授乳中用のブラジャーは胸をケアしてくれるだけでなく、母乳をあげやすくもなっています。
授乳用のブラジャーについて

授乳中は妊娠、出産から育児へ進む過程の途中です。
夜中の授乳や慣れない赤ちゃんの子育てでクタクタではないですか。

身体も変わりやすく女性ホルモンの分泌についても乱れやすいです。
ダイエットよりも健康的な身体作りや体力のことを考えてあげたほうがいいのかなって思います。

バストアップも今は授乳中用のブラジャーで断乳後の胸を整えてあげることを考えたほうがいいですよ。

ダイエットもバストアップもストレスは大敵です。
ゆったりとした気持ちで授乳中は赤ちゃんとの生活を過ごしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ