豊胸手術をしたいのですが、乳がんになりやすいと聞いて不安です。

豊胸手術をしてみたいけど、乳がんになりやすくなると聞くと豊胸手術をすることって不安になってしまいますよね。

そんな豊胸手術と乳がんについて調べました。

113

豊胸手術にはどんなのがあるのか

    豊胸手術は大きくわけて2種類あります。

  • シリコンバッグ
  • 脂肪注入

昔はシリコンバックの内容物に発がん性物質があるとあって心配されたことがあるけど今のシリコンバックは問題がないそうです。なので、豊胸手術をしても乳がんになりやすいのかということはないです。

また、乳がん検査が受けれないという噂もありますよね。
気づくのが遅くなりやすいという病気だからこそ、乳がん検査はしっかり受けておきたいですよね。

乳がん検査について

マンモグラフィー検査は入れたシリコンが破裂する可能性があるので断られるケースが多いです。
しかし超音波やMRIで検査ができます。

ただ、豊胸手術をした場合は先にお医者さんに「豊胸したこと」を告げたほうがいいそうです。
黙って検査をしてシリコンが病気とまちがえて無駄な検査をしてしまうことがあるそうです。

シリコンと病気と見分けがつかないのなんて、酷いことを思わないで下さい。お医者さんは、病気がないかしっかり見てくれているのです。もし、見落としてその人の人生が終わってしまったら困ってしまいますから何か病気の可能性があることは調べておきたいのです。

だから、無駄な検査をしないためにも先に豊胸をしたことは告げましょう。

豊胸手術をしないバストアップ方法について

でも、不安だったら豊胸ではないバストアップを考えてみてはどうでしょうか?

バストアップ方法はいろいろあります。
バストアップサプリだけでもいろいろな種類があります。

でも、バストアップサプリは過剰に飲みすぎたりすると、病気になる可能性もあるのです。

病気にならず健康的にバストアップするならバストアップラボです。

バストアップラボは副作用がなくバストアップだけでなく体が健康になることもできるのです。

なぜ、健康になれるバストアップなのかというと
バストアップラボのバストアップの仕方はリンパトリートメントとツボ押しとストレッチです。

リンパトリートメントとツボ押しをすることで、体にたまっている老廃物を流してあげるのです。老廃物を流してあげることでリンパ管など流れがスムーズになり体のめぐりがよくなります。代謝もあがってバストアップに必要な栄養素が今までは老廃物があったので届かなかったのが必要な所に送られることができます。女性ホルモンも活発化されるのでバストアップができるというわけです。

わからない所はメールで相談することができるので、バストアップで挫折することが少ないからバストアップに成功している人が多いんですよ。

⇒バストアップラボでバストアップはこちらから

まとめ

自分でバストアップするとなると、バストアップラボの場合3ヶ月はバストアッププログラムを続けることが必要です。

豊胸は手術をしたらすぐにバストアップできます。昔は乳がん検査も受け入れられる所が少なかったですが、今は問題ないようです。ただ豊胸をするなら納得するまで手術をしてくれる先生と話し合うことが大事ですよ。自分の予想していたら胸の大きさや形とは違うことになってしまたら後悔しても後悔しきれません。

⇒時間をかけてもバストアップするならこちらから

⇒豊胸手術について納得するまで話せるクリニックはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ