バストアップサプリは副作用・危険性が!飲んではいけない人とは

76
バストアップサプリは副作用や危険性があるというのはよく聞きますよね。
人によっては時期や体の関係で飲んではいけない時もあります。

まずは、バストアップサプリで副作用になるとどうなってしまうのかについて調べました。

バストアップサプリ副作用とは

生理遅れ・周期が早い
吐き気
貧血
肌荒れ
便秘
などですぐに死んでしまうという副作用はないみたいです。
しかし、この副作用をそのままにしてしまうと生理不順から体の不調や大きな病気になってしまいます。

バストアップサプリを飲んで体がおかしいと思ったら飲むのを辞めることが必要です。

なぜバストアップサプリを飲むと生理不順などの副作用がでてしまう可能性があるのかというと
バストアップサプリでなぜバストアップできるかが関係しているからです。

バストアップサプリでなぜバストアップすることができるのか

バストアップサプリはサプリを飲むことで女性ホルモンを分泌して女性ホルモンに働きかけてバストアップさせます。

女性ホルモンというのは、ずーと安定しているものではありません。
生理の前後、最中に体調が悪い時がありませんか?
なぜ体調が悪くなるのかというと女性ホルモンのバランスが崩れているからです。

なので、バストアップサプリを飲むことで女性ホルモンに働きかけるので人によってはバランスが保たれていたのが、バランスを崩して体調不良になってしまうというわけです。

ということで、バストアップサプリは女性なら誰でも飲んで良いといものではなく飲んではいけない人もいます。

バストアップサプリで危険があって飲んではいけない人とは

バストアップサプリに入っている成分にアレルギーがある
妊娠中の人
授乳中の人
甲状腺異常がある人
女性特有の癌がある人
生殖系の病気がある人
20歳以下の人

女性ホルモンのバランスが安定していない人は、女性ホルモンの関係からバストアップサプリはオススメできないです。

また、もし飲む場合は1日の摂取量は400mgと決まっているのでそれ以上飲むと副作用が起こりやすくなってしまうので
飲む量はしっかり守ることが必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ