バストアップラボはなぜデメリットや副作用がないといわれているのか

34

バストアップラボの本当のデメリットとは

バストアップラボを買う目的は胸が大きくなりたいことですよね。
なので、バストアップラボを買って実践したけど胸が大きくならなかったということでバストアップラボにはデメリットがあるという人がいます。

でも、本当のデメリットはバストアップして実践したら体を壊した体が違うことになったことではないでしょうか。

バストアップ方法にはバストアップラボ以外にも、『大胸筋を鍛える』や『バストアップサプリ』というのは有名ですよね。

2つのデメリットといえば

大胸筋を鍛えるデメリットとは

大胸筋を鍛えすぎて、トップバストではなくアンダーバストがサイズアップしてしまった。
つまり胸板が厚くなってしまったというわけです。
この場合胸が大きくならず服のサイズだけ大きくなるので悲しいですよね。

バストアップサプリのデメリットとは

バストアップサプリを飲んだら副作用で体調を崩してしまった。生理不順になってしまった。

バストアップといえば必ずこのバストアップサプリの副作用の話しがでてきます。バストアップサプリはサプリを飲むことで女性ホルモンに働きかけてバストアップするので人によっては副作用がおきやすくなってしまいます。

2つのデメリットを考えるとバストアップラボは、アンダーバストがサイズアップすることや体調を崩すのような副作用やデメリットはバストアップラボにはありません

バストアップラボはなぜ副作用がないのか

バストアップラボはなぜ副作用がないのかというとバストアップ方法に秘密があるからです。

バストアップラボのバストアップ方法は体を健康にしてバストアップする方法です。

バストアップラボのバストアップ方法は

リンパトリートメントマッサージとツボ押しで体に溜まっている、毒素や老廃物を排泄させます。老廃物が排泄されるとバストに必要な栄養をバストアップするために必要な乳腺に送ることができ女性ホルモンが活性化されるからです。

つまり体のめぐりが良くなって、バストアップに必要な成分を必要な場所に届けることができるからです。
なので、バストアップラボでバストアップしたら代謝があがって肌がキレイになったり冷え性が改善したという口コミが多いのです。

どんなに効くといわれている、バストアップサプリがあったとしてもバストアップに必要な乳腺までにその成分が届かなかったらいくら飲んでもバストアップ効果をすることができません。

副作用の面から見ても、バストアップサプリのように女性ホルモンを分泌するのではなく体のめぐりを良くして活性化するので体調が悪くなるという心配がいらないというわけです。

しかし、だからといってバストアップラボをしたからといってバストアップに必要な成分は体の中に入れないとバストアップすることはできません。すべてを食事からとることはできないという人は、一部をバストアップサプリでケアしてあげるのも良いですよ。バストアップ成分のことをばかりを考えて食事を作るのってなかなか大変です。

16
私もバストアップラボとバストアップサプリを併用することでバストアップすることができました。
副作用もまったくなく、胸を大きくすることができました。

私のおすすめバストアップサプリはこちら

私のバストアップラボでバストアップ体験談はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ